プロテオグリカンの効果

プロテオグリカンその驚異の糖鎖栄養素【プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト 】

プロテオグリカン


プロテオグリカン


プロテオグリカンはヒアルロン酸、コンドロイチン、キチン、キトサン、グルコサミン等の糖鎖栄養素の1つです。

人間も含めて動物の軟骨や皮膚、血管壁など体内のさまざまな部分に存在している大切な成分です。

そして、このプロテオグリカンからコンドロイチンやグルコサミンを作り出すことができます。

また老化とともにプロテオグリカンは減少して、肌や皮膚を含め体内の保水力がどんどん下がっていきます。

プロテオグリカンはただ単に、保水力に優れているだけではありません。例えばプロテオグリカンが不足すると呼吸不全や短矩症などのような疾病の原因となる、という専門家による意見があります。

さらにプロテオグリカンには上皮細胞成長因子と同じような働きをする部分があると認識されており、この働きはヒアルロン酸やコラーゲンにはなく、プロテオグリカン独自の性質です。

しかしヒアルロン酸と似た作用の部分もあります。
それは糖鎖栄養素をたくさん含んでいて、プロテオグリカンが細胞間のコミュニケーションをスムーズに行うための媒介となることです。

また免疫システムを正常化させて身体の体調を整える働きもします。

プロテオグリカンは他にも、潰瘍性大腸炎、アトピー性疾患、変形性関節症、クローン病、ガンの進行抑制リウマチ、糖尿病などの自己免疫疾患。

そして、花粉症やアレルギー性疾患、胃や十二指腸潰瘍など実にさまざまな疾患への効果に熱い注目が集まっています。

このように、さまざまな効果が期待されているプロテオグリカン。化粧品やサプリメントなどの市場が広がりそうですね。





プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト





Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。