プロテオグリカンの効果

プロテオグリカンその驚異の糖鎖栄養素【プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト 】

プロテオグリカン


プロテオグリカン


プロテオグリカンはヒアルロン酸、コンドロイチン、キチン、キトサン、グルコサミン等の糖鎖栄養素の1つです。

人間も含めて動物の軟骨や皮膚、血管壁など体内のさまざまな部分に存在している大切な成分です。

そして、このプロテオグリカンからコンドロイチンやグルコサミンを作り出すことができます。

また老化とともにプロテオグリカンは減少して、肌や皮膚を含め体内の保水力がどんどん下がっていきます。

プロテオグリカンはただ単に、保水力に優れているだけではありません。例えばプロテオグリカンが不足すると呼吸不全や短矩症などのような疾病の原因となる、という専門家による意見があります。

さらにプロテオグリカンには上皮細胞成長因子と同じような働きをする部分があると認識されており、この働きはヒアルロン酸やコラーゲンにはなく、プロテオグリカン独自の性質です。

しかしヒアルロン酸と似た作用の部分もあります。
それは糖鎖栄養素をたくさん含んでいて、プロテオグリカンが細胞間のコミュニケーションをスムーズに行うための媒介となることです。

また免疫システムを正常化させて身体の体調を整える働きもします。

プロテオグリカンは他にも、潰瘍性大腸炎、アトピー性疾患、変形性関節症、クローン病、ガンの進行抑制リウマチ、糖尿病などの自己免疫疾患。

そして、花粉症やアレルギー性疾患、胃や十二指腸潰瘍など実にさまざまな疾患への効果に熱い注目が集まっています。

このように、さまざまな効果が期待されているプロテオグリカン。化粧品やサプリメントなどの市場が広がりそうですね。





プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト



プロテオグリカンに関する情報(ニュース)

プロテオグリカン(PG)りんご酢:皮膚保湿作用あるたんぱく質を配合 青森の「角弘」が発売 /青森【プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト】

【毎日.jp 毎日新聞社】より引用 2010年5月1日
プロテオグリカン

商社「角弘」(本社・青森市、小田桐健蔵社長)は、皮膚の水分保持に作用するたんぱく質プロテオグリカン(PG)をリンゴ酢に加えた飲料「PG−inりんご酢」をこのほど発売した。

同社は98年にプロテオグリカン(PG)を低コストで大量に抽出する方法を弘前大学と共同開発。PG配合の化粧品原料を昨年3月に発売しており、今回の飲料品は商品化第2号。今後、医薬品や健康食品への利用も研究する。

プロテオグリカン(PG)はコラーゲンやヒアルロン酸と同じ動物の軟骨に含まれる成分で、細胞の分裂や増殖などにもかかわっている。人体内で作ることはできるが、年齢とともに減少するため、食品などから摂取する必要がある。以前は牛の軟骨から抽出していたが、高額な薬品や遠心分離器が必要なため、1グラムあたり3000万円と事実上、食品などへの利用は難しかった。

同社と弘前大は、地元の漁業者などから格安で仕入れたサケの鼻軟骨と酢酸を使って抽出することにより、コストを約3000分の1に削減。抽出工程も2週間から1週間へと短縮し、大量生産も実現した。

同社は「おいしく飲みやすいので、無理なく続けられる」とPRしている。

「PG−inりんご酢」は500ミリリットル入りで1890円。7倍に希釈して飲む。問い合わせは同社(電話017・729・8814)。【高橋真志】


【毎日.jp 毎日新聞社】より引用 2010年5月1日


豊富なデータが揃うプロテオグリカンは、医療機関によるヒト有用性調査でも配合美容液を使用した場合の潤い、皮脂量、血行状態、シミ、肌年齢などの変化による美容製品としての可能性の試験が行われ、美容への応用が期待される、との見解が出ているそうです。

今後はますます、コスメや健康食品関連プロテオグリカンが活用されていきそうですね・・・










プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト

プロテオグリカンとは何か?

プロテオグリカンとは何か?【プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト】

プロテオグリカン



プロテオグリカンとは最近特に注目されている成分で、化粧品や健康食品にも利用されています。キチン、キトサン、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸等の糖鎖栄養素の一つであり、このプロテオグリカンからグルコサミンやコンドロイチンをつくる事が出来ます。この働きにはキチン、キトサン、ヒアルロン酸と似た作用があり、糖鎖栄養素を豊富に含有しており、細胞間のコミュニケーションを円滑に行うための媒介となり、また免疫機能を正常化し、体調を整える役割を果たします。

プロテオグリカンはたんぱく質と糖鎖の組み合わさったもので中に多くの水分を溜める事が出来ます。そのような働きのため肌の保湿に関する化粧品ではプロテオグリカンの効果が特に注目されています。


最近では現代科学の力により、プロテオグリカンが鮭の鼻軟骨から高い純度で抽出できるようになり、身近に使用することが出来るようになりました。このプロテオグリカンは、潰瘍性大腸炎、クローン病、アトピー性皮膚炎、変形性関節症などに有効である他、がんの進行抑制、糖尿病、リウマチなどの自己免疫疾患、花粉症、その他のアレルギー性疾患、胃・十二指腸潰瘍、様々な疾患への効果が期待出来ます。




プロテオグリカン-プロテオグリカンの情報サイト




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。